SPGアメックス

会社割引でSPG・マリオット!ポイントや宿泊実績は個人に付与される?

商社マンや大企業の社員であれば、出張先の宿泊ホテルとしてSPGやマリオット系列のホテルに滞在・宿泊することが多いのではないでしょうか?

会社によっては法人割引(コーポレート価格)で宿泊出来るため、高級ホテルは割と頻繁に利用されます。

しかし気になるのは、会社割引を利用して宿泊した場合、個人で保有しているマリオット(SPG)のアカウントと紐付けを行い、ポイントや宿泊実績を獲得することが可能なのか?ということです。

結論から言うと、会社割引を利用して宿泊した場合でも個人のマリオット(SPG)のアカウントを紐付けし、個人のポイントを貯めたり宿泊実績を稼ぐことは可能です。

今回は知り合いの商社マンが海外赴任になった際、会社割引でマリオットホテルに長期滞在し、自分のアカウントにポイント・宿泊実績を貯めた例を踏まえてその手順を解説します。

SPG・マリオットに会社割引価格で宿泊・滞在してもポイントや宿泊実績は個人に付与される!

会社割引でSPG・マリオットホテルに滞在する場合の、アカウントの紐付けの方法ですがめちゃくちゃ簡単です。

それはフロントで宿泊者のアカウントとの紐付けをお願いするだけです。

「えっ、それだけでいいの?」

と思うかもしれませんが、知り合いの商社マンはそれだけで個人アカウントにポイントを貯め、宿泊実績もきちんとつけています。

上記画像がその証拠で、めちゃくちゃポイントがついており、ランクもプラチナです。(※この画像は1月のモノですが、年があけると宿泊実績が一旦ゼロに戻るので2泊になってますが、前年は毎日宿泊実績が加算されていました。)

個人にリワードポイント&宿泊実績を付与する場合の注意点

個人アカウントと紐付けを行い、ポイントをザクザク貯めたり、宿泊実績を稼いでランクを上げる場合の注意点が1つあります。

それは会社支払いではなく、個人の支払いであることです。

つまり一旦社員が現地で建て替え払いを行い、後日会社から精算してもらう場合に限るということです。

仮に会社が支払いまで済ませてしまっている場合は、自分の宿泊実績にはならないため当然ポイントも貯まりません。

あくまで会社割引価格で宿泊はしているけど、個人のお金で支払いをしている際に宿泊者のアカウントとの紐付けが可能であることがポイントです。

長期滞在・出張が多い人サラリーマンはSPGアメックスを発行してポイントをザクザク貯めるべき!

SPGやマリオットホテルに長期滞在、あるいは海外出張などで頻繁に宿泊する人は「SPGアメックスカード」と言うクレジットカードを発行して、効率よくポイントを貯めることがオススメです。

理由はSPGアメックスを保有すれば、マリオット会員のゴールドエリート会員資格を獲得でき、宿泊ポイントが25%加算されるからです。

元々、マリオット・SPGの会員資格は5段階ありますがシルバー会員以上はステータスに応じて宿泊時にポイントが加算されます。

<マリオット・SPG会員ステータス比較>

会員ステータス ポイント加算 取得条件
一般会員 なし ・年間9泊以下
シルバーエリート 10%還元 ・年間10泊以上
ゴールドエリート 25%加算(12.5%還元) ・年間25泊以上
・SPGアメックス発行
プラチナエリート 50%加算(15%還元) ・年間50泊以上
プラチナプレミアエリート 75%加算(17.5%還元) ・年間75泊以上

例えばシルバー会員が1万円のホテルに宿泊した場合は10%の1000ポイントが加算されます。

しかし、ゴールドエリート会員であればさらに25%ポイント加算があるので、追加で250ポイント付与され、合計1250ポイントを貯める事が出来ます。

長期滞在や出張で何回もSPG・マリオットに宿泊する人であれば、毎回の25%加算の積み重ねはかなり大きなものになります。

プラチナチャレンジをしてプラチナエリート会員に昇格する事も可能

さらに、宿泊日数が多くなるサラリーマンがSPGアメックスを保有しておいたほうがいい理由としてSPG・マリオットのプラチナエリート会員の資格が比較的簡単に手に入る事があります。

プラチナエリート会員資格が手に入る事のメリットは大きく5つです。

①ホテルの朝食が無料(同伴者1名も無料)

②ホテルのクラブラウンジのアクセスが無料(同伴者1名も無料)

③宿泊ポイント加算が50%に大幅UP

④スイートルームにアップグレード可(空きがあれば無料で)

⑤レイトチェックアウト16:00まで可

通常プラチナエリート会員の取得条件は年間50泊以上とかなり敷居が高いですが、SPGアメックスカードを発行し「マリオットプラチナチャレンジ」を行えば最大4ヶ月間で16泊すれば取得出来ます。

海外滞在が長期に及ぶ場合や、出張で宿泊回数が増える場合はプラチャレを行えば一気にホテル上級会員の資格が手に入ります。

※プラチナチャレンジが出来るのはSPG・マリオットのゴールドエリート会員だけです。そのためSPGアメックスを発行してゴールドエリート会員資格を取得しておく必要があります。

関連:プラチナチャレンジとは?メリットは?

ちなみに僕の知り合いの商社マンは海外滞在なので、特にポイント加算50%アップはかなりメリットに感じていました。

1万円の宿泊でも、シルバー会員還元10%の1000ポイントに加え50%加算の500ポイントが毎日の宿泊で付与されるので、その累積はバカにならないとの事。

仮に1年(360日)滞在するとしても、毎日500ポイント余分にもらえると年間で約18万ポイントと言う恐ろしいポイントが貯まりますからね。笑

リワードポイントはマイルに交換する事も可能なので、18万ポイントもあればマイル換算してもハワイにビジネスコースで往復旅行出来ちゃうぐらいですから破壊力ありますよね。

関連:リワードポイントとマイルに関する記事

まとめ:SPG・マリオットのヘビーユーザーはSPGアメックスでポイントを取りこぼす事なかれ!

SPG・マリオット系に長期滞在・複数宿泊を行う会社員の方は、滞在(宿泊)前にSPGアメックスを発行してゴールドエリート会員のステータスを保有しておきましょう。

関連:SPGアメックスのKP

そして、タイミングが合えばマリオットプラチナチャレンジを行い、プラチナエリート会員のステータスに昇格し、リッチなホテル会員を目指してください。

もちろんゴールドエリート会員だけでも宿泊時ポイント加算(25%)の特典が受けられるのはメリットとして大きいので、SPGアメックスをうまく活用してポイントをごっそり獲得しましょう!

SPGアメックスは紹介発行しないとかなり損!

SPGアメックスのカード発行を検討している方は、紹介で発行することで通常よりも多くのポイントを獲得することが出来ます。

SPGアメックスカードは公式サイトから直接申し込みをすると30,000ポイントしか発行特典が受け取れませんが、既にSPGアメックスを保有しているユーザーに紹介してもらうと36,000ポイント付与されます。

SPGアメックスを紹介特典で申し込む場合は、下記のリンクをクリックして申し込みを行ってください。

・SPGアメックス紹介特典での申し込みはこちら

※カード発行の際に、マリオットの会員番号を発行しておく必要があります(無料)。マリオット公式サイトより登録を済ませてからSPG発行に進んでください。