マイル

JALカード→SPGアメックスに切り替えるべき?マイル還元率で使い分けるのは賢い?【徹底比較】

・現在メインカードとしてJAL普通カードを使っているけど、マイル還元率の観点からSPGアメックスを検討している!

・場合によってはJALではなくANAなど他の航空会社を使いたい!

・貯めたマイルの有効期限を気にする必要があるのが嫌!

現在JALカードをメインカードとして使い、JALマイルを貯めている陸マイラーの方の中には、SPGアメックスに乗り換えを検討されている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回はSPGアメックスカードをメインカードとして利用している陸マイラーの僕が、主に「マイル」に焦点を絞ってJALカードとSPGアメックスを比較していきます。

JALカードとSPGアメックス比較①マイル還元率

まず、最も重要な「マイル還元率」についての比較です。

結論から言えばSPGアメックスカードの方がマイル還元率が高いです。

SPGアメックス JALカード
マイル還元率 1% 0.5%

まず、通常還元率を比較した場合、SPGアメックスカードのマイル還元率は1%です(100円につき1マイル還元)

一方、JALカードは200円に事に1マイルなので、還元率は0.5%のぶっちゃけ辛いです。

しかし、両カードとも通常還元率とは別に、「ある条件」を満たした場合に受けられる最高還元率が設定されていますので、そちらを比較します。

SPGアメックス JALカード
最高還元率 1.25% 1%(2%)
条件 60,000リワードポイントを一回で交換→25,000マイル(ボーナスで5,000マイル追加) JALカードショッピングマイル・プレミアムに加入(年会費3,240円別途)で1%、JALカード特約店は2%

最高還元率で比較した場合ですが、SPGアメックス1.25%、JALカード1%(JAL特約店に限り2%)です。

SPGアメックスの場合、リワードポイントをマイルに交換するために一気に60,000ポイント単位で交換しなければならないという点がデメリットですが、追加料金等なしで1.25%の還元率です。

SPGアメックスで貯まる「リワードポイント」ですが、100円決済で3ポイント貯まります。ポイント計算がややこしいですが、60,000リワードポイントというのは通常のポイントで考えると20,000ポイント(3分の1して考える)ですので注意してください。

感覚的には20,000ポイントまとめて交換すると25,000マイルに交換できるという事です。

一方JALカードの場合は、年会費とは別に3,240円を追加で支払ってようやく1%の還元率。

これでやっとSPGアメックスの通常の還元率に追いつくわけなので、どう考えてもSPGアメックスの方が還元率は優れていると言えます。

もちろんJAL特約店での利用に限定して比較すれば部分的にマイル還元率2%と強さを発揮しますが、問題はどれだけその特約店で買い物をする頻度があるのか?ということです。

JALカードとSPGアメックス比較②マイル交換先

JALカードからSPGアメックスに切り替えを考えている人の中でも、「複数の航空会社のマイルに交換出来るクレカが欲しい!」という人はかなり多いのではないでしょうか?

行きたい国や、乗りたい時間によってはJALではなく、ANAの飛行機を使いたい時が必ず出てきますよね。

しかし、JALカードで貯まるマイルはあくまでJALだけです。

一方SPGアメックスカードで貯められるポイントは「リワードポイント」であり、リワードポイントの交換先はJAL及びANAはもちろん世界40社以上の航空会社のマイルです。

リワードポイントをマイルに交換できる航空会社一覧
https://www.marriott.co.jp/loyalty/redeem/travel/points-to-miles.mi

リワードポイントは特定の航空会社だけでなく、世界各国のマイルに変えられるため、その守備範囲の広さが何と言っても強みです。

ちなみに、JALの飛行機を特典航空券で予約する場合でも、JALマイルで予約するのではなく、ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)のAviosマイルで予約するとお得になるという裏技があります。

http://okane-compass.com/avios/

このAviosマイルもまたリワードポイントから交換する事が出来るため、結局JALの飛行機に乗りたい人はSPGアメックスでリワードポイントを貯めた方がお得という事になります。

JALカードとSPGアメックス比較③マイルの有効期限

JALカードユーザーで、SPGアメックスに切り替えたいと考える人が多い理由として「マイルの有効期限」があります。

JALカードの決済で貯めたマイルは、直接マイレージのアカウントに追加されてしまうため、マイルの有効期限は3年間となります。

しかし使ってみると分かるのですが3年って意外と短い事に気づき、無理にでも日程を決めて旅行に行かなければ!というマインドになってしまい、なんか違うよな?ってなる人は多いです。

一方SPGアメックスカードであれば、一旦リワードポイントとしてポイントを獲得するため、マイルに交換さえしなければ3年間の有効期限のカウントダウンは始まりません。

さらにいいのはリワードポイント自体の有効期限も実質無期限だという事です。

リワードポイントはアカウントに何かしらのアクティビティ(追加や利用)があれば、その時点から2年間ポイントの有効期限が延長される仕組みです。

SPGアメックスカードを毎月使っていれば、毎月リワードポイントがアカウントに追加されていくので、有効期限は常時更新されているようなものです。

よって、マイルに交換したいタイミング及び必要マイル数さえミスらなければ、マイルの有効期限を気にしながら生活する心配はなくなります。

考察:JALカード→SPGアメックスに切り替えるべき?併用はあり?

JALカードからSPGアメックスに切り替え、あるいは併用を悩まれている場合は下記の2点をよーく考えてみましょう。

JALカードとSPGアメックスの併用(使い分け)はありか?

先述した通り、JALカードはJAL特約店の買い物の際には最高還元率が2%となります。

しかしJALカードで2%の還元率を引き出そうとすれば、通常年会費2,160円に追加してJALカードショッピングマイル・プレミアムの年会費3,240円を支払わなければいけません。

要するにこの費用(合計5400円)を還元されるマイルで回収出来るか?を考えます。

仮に1マイル=3円の価値と仮定した場合、5400円の元を取るのに必要なマイルは1800マイル。

つまり買い物の金額で考えれば年間で18万円の決済をJAL特約店でする場合はそこで元が取れ、それ以上の決済からは2%の還元率の恩恵をモロに受けられます。

そして、JAL特約店以外はSPGアメックスで決済すれば1.25%の還元率も受けられるので一番美味しいです。

感覚的にはこんな感じなので、JAL特約店で年間約20万ぐらい決済するならSPGアメックスと併用してみる価値があると思います。

SPGアメックスの年会費をペイ出来るか?

SPGアメックスはマイル還元率1.25%と高還元率なカードですが、年会費も31,000円(税別)と高額です。

しかし、高級ホテルの上級会員資格が手に入る事、年に1回は無料宿泊特典が付与される事から年会費自体はペイできます。

ただ、高級ホテルに特に興味がなく、純粋に「JALマイルを貯める事」を目的としている場合は年会費は負担になります。

旅行そのものが趣味で、マイルも貯められ、宿泊先のホテルもお得にしたい!という人がSPGアメックスと最も相性がいいい人です。

まとめ:ほとんどの人はSPGアメックスの方がメリットに感じる部分が多い!

以上、JALカードとSPGアメックスの比較ですが、おそらくほとんどの場合SPGアメックスの方がメリットに感じる人が多いのではないか?と思います。

やはり、「①マイル還元率の高さ、②マイルの交換先の多さ、③マイルの有効期限」という3つの視点で比較しても、SPGアメックスに軍配が上がっています。

あとはSPGアメックスの年会費がペイ出来るかだけ考えればいいと思います。

JALカードで年間5000円近く払っても見返りが少ないですが、SPGアメックスは年会費30,000円と高額ではあるものの、それに見合ったカタチで無料宿泊がプレゼントされるので、満足度は高いカードです。

SPGアメックスは紹介発行しないとかなり損!

SPGアメックスのカード発行を検討している方は、紹介で発行することで通常よりも多くのポイントを獲得することが出来ます。

SPGアメックスカードは公式サイトから直接申し込みをすると30,000ポイントしか発行特典が受け取れませんが、既にSPGアメックスを保有しているユーザーに紹介してもらうと36,000ポイント付与されます。

SPGアメックスを紹介特典で申し込む場合は、下記のリンクをクリックして申し込みを行ってください。

・SPGアメックス紹介特典での申し込みはこちら

※カード発行の際に、マリオットの会員番号を発行しておく必要があります(無料)。マリオット公式サイトより登録を済ませてからSPG発行に進んでください。